早漏を防止するためには

心が原因で早漏になる

早漏の原因が体の病気ではなく、心にあることも珍しくありません。心因性早漏は若い年代に多く、彼らは女性との性行為に慣れていないことが多いです。パートナーに慣れていないことがバレるのが怖くて緊張すると、勃起状態を継続しにくくなります。他にも見た目のコンプレックスを深刻に考えていると、早漏になりやすいです。早漏は医師であっても他人に相談したくないという男性も多いです。彼らの多くが解決策を見つけるためにインターネットで検索しますが、この行為によって余計に精神的に追い詰められるので、症状が悪化することがあります。インターネットでは多くの人の意見を知ることができますが、人と自分を比べるきっかけにもなります。パートナーとの絆を深めるものは性行為だけではないので、射精までの時間が短くても無理に解決しないことも大事です。コンプレックスが早漏を引き起こしている場合は、専門家のカウンセリングを受けるのが良いです。家族や友人も親身に話を聞いてくれますが、効果的に気持ちを落ち着かせて悩み解消に導いてくれるのはプロです。心因性早漏の人は、パートナーにそのことを打ち明けてから性行為を始めるだけでも緊張感がほぐれて上手くいきます。

早漏を改善する即効性のあるものとは

男の悩みで多くあるのが、早漏です。パートナーを満足させる前に、自分が我慢できずに射精してしまうため、セックスへの自信がどんどん失われてきてしまいます。しかし、中には自分が早漏だと決めつけている場合もあります。男性と女性では、個人差はあるにせよ感度の違いがあり、オルガズムに達するまでの時間は、男性の方が通常は早いのです、そのため、自分が早漏だと勘違いしていることも多くあります。
クリニックなどでは、通常女性の膣に挿入してから2分以内に我慢ができず射精してしまう場合を、早漏と判断しています。改善するためには、まだセックスに慣れていない場合は刺激に慣れることが重要なので、射精を我慢できなくなりそうになったら、一度ピストン運動を止めたり、膣から抜いて落ち着くまで待ってから再開したりして、徐々に刺激に対する耐性をつけていくことです。それでもダメなときは、早漏防止の薬を利用することが、一番即効性のある改善策です。病院で処方される早漏防止薬は、安全で副作用が少なくなっていますが、それでも薬は100%副作用がでないという訳ではありません。利用する場合は、健康状態などにも気を付けて、正しい用法で利用しましょう。